フォト
無料ブログはココログ

モンテッソーリURL

5月24日

保育園と研究所の時間の間をぬって「箕面ニコニコプリスクール」にモンテッソーリ教育を教えに行っています。今日は  算数棒と数字と玉の提示(お仕事の紹介)をしました。

保育園の施設長を定年前より少し早く退職して 「モンテッソーリ教育の普及」と「指導者の応援と育成」「マリア・モンテッソーリの世界平和は子どもの教育からの実現」を目指して 研究所を開いてもうすぐ二年になります。

モンテッソーリ教育も藤井七段のおかげで有名になりました。指導者育成も研究所のアシスタント二名が二年生に進級できました。新しく教師養成校に入学したアシスタントもいます。 本日研究所に体験に来てくださった方も即申込書を書いてくださいました。同じ目的を持って歩んで行ける人たちと 理解のある保護者の方々、かわいいお仕事大好きの子どもたちに囲まれて 毎日元気をもらって神様に感謝して過ごしています。ブログを見てくださっている回数も1万を超えました。いつも応援をしていてくださる保護者の方々と友人に感謝を込めて個人的な報告をさせていただきました。

Nikoniko3

Nikoniko4

Nikoniko2

Nikoniko1

Nikoniko5

5月12日

縫い刺し
ぬいさしの名の通り「刺して縫う」お仕事です。行程がたくさんありますが子どもたちは大好きです。本物の針を使います。針でお友達をケガさせないように、使った針やはさみは必ず元の位置に返します。モンテッソーリの教具には思いやりも含まれています。
同じお仕事をしていても、少し経つと「縫い返し」ができるようになりました。
できた作品に色を付ける子もいます。それぞれ自分で考えて作品を仕上げます。
縫い返しができたお友達には、「額」に作品を入れて返しています。記念におうちに飾っていただけるかな?
「危ないものの取り扱い方―順序感ー糸の長さ調節ー糸切ばさみで糸を切る力の入れ方ー集中力-できた!やった!の満足感」 を養います。

Img_5601
Img_5717

Img_6001

Img_6004

Img_6005

5月 2日

文字への敏感期
4歳前後には<文字>への敏感期が見られます。
車から看板の文字を読んだり、駅名を読んだり、絵本の字を見つけたり・・・・
(本当は絵本はなるべく文字を見ないで、絵だけを観てくれた方が創造性が育つと私は考えますが・・・)モンテッソーリの「言語教育」は語彙を豊かにし―現実の実物(日常)による物の名前の理解 ―話し言葉 -書くこと ―読むこと と系統的に学習していきます。子どもは親から言語を習得する力は与えられていて、無意識に話し言葉を習得していきますが、 書き言葉(文字)は自然に習得することはできず、どうしても学習していくことが必要になります。放っておいても自分で学ぶ事もありますが、書き順などの問題が起こってきます。話し言葉から書き言葉へ効率的な「教具」をつかって、正しい書き方から導いていきます。

Img_1631

Img_0856

20171209_141915

Img_5479

Img_1866

Img_5626

Img_4558_2

Img_5805

4月29日

お茶の運び方
「日常生活の練習」の中に「お茶の運び方・すすめ方」というコースがあります。現在のお茶の飲み方は片手でボトルを持ってグイ!又はマグカップで飲みます。両手でゆっくり座って飲むことが少なくなっています。急須の存在を知らない子も多いです。

お茶を人のために入れる―お盆で運ぶ―お茶をどうぞ―ありがとう

のゆったりしたお茶の運び方、すすめ方を子どもたちだけで楽しんでいます。この方法を取り入れてから「お茶のみたい」「ぼくも!」「一緒に飲も!」「私が入れたげる!」の会話ができるようになりました。

Img_5340

Img_5424

Img_5425

Img_5566

Img_5824

Img_5367

3月30日

研究所の庭には桜が満開です。雪柳の白とレンギョウの黄色とで とても良いコントラストです。今日は研究所がお休みで、天気もよかったので、畑に 夏野菜を植えました。エンドウ豆のツルが伸びてきたので支えもしました。(主人と長女と四女が手伝ってくれました) 忙しくて面倒が見きれないので、大きく育つかとても不安ですが、「きゅうり」「トマト」「ししとう」「ピーマン」「レタス」を植えています。たくさん実がなって、子どもたちが収穫できますように。。。野菜大好き!!に育ちますように!!

Img_4834

2018326_300

Img_4838

Img_4836_2

Img_4839

3月28日

イースターも近づいてきました。「タマゴパカッ!」というお仕事です。卵の中にいろいろ入っているのですが、あけるのにコツがいります。(片方に力を入れないと開かない) 片付けるのもコツがいります。でもすぐにそのコツを理解して楽しんでいるこどもたち!!それぞれの楽しみ方があることを知りました。
2018326_159

2018326_201

2018326_274

2018326_395

Img_4879

3月 3日

今日のもぐもぐタイムは「ひな祭りお茶会」
お抹茶と和菓子を正座していただきました。
お抹茶はオーナーの三村さんがたててくださいました。
みんな 残さずいただきました。
お菓子は金平糖が大人気でした!!(あっ!写真にうつってない・・・)
「せんせー。お菓子のおかわりある?」 
「そだねー。何が欲しい?」「紙につつんだやつ!」「金平糖!」「お花のかたちの!」
和菓子は研究所の生徒さんにと教会の方に頂きました。
ありがとうございました。研究所2年目のひな祭りも 笑顔ですごせました(^^)/

201833_059

201833_096

201833_078

201833_099

201833_101

3月 1日

EIGOクラスの体験会を行いました。二日間 5名ずつ10名が参加してくださいました。
講師の小松先生と楽しく「聞く」事を楽しみました。
4月から「モンテッソーリEIGO]が始まります。各クラス4名定員です。
みんなが「英語って楽しい!」「もっと英語で話したい!」と思ってくれたら嬉しいです。

064

Img_4148



2月5日

この研究所を立ち上げた時から「英語」を子どもたちに経験させたいと思っていました。
小学校から英語の授業が取り入れられることになったり、オリンピックがあったり、またまた大阪万博も・・・・・知っているのとしらないのでは大違いだと思います。せめて挨拶だけでも・・(私のように10年も英語をやっていたのに話せない・・・のでは悲しすぎ・・・YMCAの英会話教室にもいったのに!!!!)と思っていたら、なんと偶然にも「児童英語」を教えていた方にぱったり!「うちに来て来て!!!」と頼み込んで、4月から「モンテッソーリEIGO」を始めることになりました。モンテッソーリ教育の「言語分野」の中に アルファベット があります。英語でモンテッソーリをしている教室もあります。研究所では水曜日に 二コマ の教室を入れてモンテッソーリで英語をすることにしました。教師の方(小松二三子さん)は  自分の子どもをインターナシュナルプリスクールにいれ、モンテッソーリにも通わせていたという経験の持ち主です。そしてなんと!!主人が校長をしていた英語学校の児童英語学部の卒業生で、私が卒園した幼稚園で英語を教えていたというのです!!びっくりです!!出会いはいつも偶然のようで、神様の力が働いていることを再確認しました。昨日教具も届きました。(これだけではありません) 2月21日と28日に体験会を予定しています。



ついでに 算数教具「たし算板」も買いました。みんなどんどん育ってきて、教具の買い足しを迫られています。とてもうれしいことです。かけ算板も買わないとなー・・・・・

Img_3681

Img_3364_2

2月3日

久しぶりの更新です。ラインで教室での活動の様子を送っているので、ブログの方をサボっていました。また頑張ります。今 畑では 大根がたくさん!!! 水仙もきれいです。大根は甘くて柔らかくておいしいです。子どもたちも大根引きを楽しみました。もっと抜きたい!おいしかった!お母さんが又欲しいって!などなど・・・・このモンテッソーリ教室では「おうちでの協力」がとても頼もしく、私の講演を聞いて、「まみむめも」を実践してくださる方や、おうちでのこどもの様子を送ってくださる方、教具を借りて帰られる方、本を貸してほしいといわれる方、教具を作られる方、はたまた・・・モンテッソーリの勉強に通われる方など。。。私達も子どもたちや保護者の方々に負けないように頑張らないと!!といつも元気をいただいています。大根や水仙を持ってかえったこども達の様子をラインで送ってくださいました。
葉っぱもモリモリ!大根洗い!自分で切って料理!!水仙は自分で活けて毎日水を替えているそうです。送ってくださった嬉しい写真を紹介します。

Img_3317

Img_3318

Img_3316

Img_3320

Img_3323

Img_3324

Img_3321

«1月25日  お茶会